NO IMAGE

ほうれい線対策にPAOが効果的な理由を徹底検証

ほうれい線にPAOが効果的な理由の解説をします。

PAOは、5つの表情筋(小頬骨筋、大頬骨筋、頬筋、笑筋、口輪筋)を鍛えて皮膚を引き上げ、ほうれい線やたるみ、シワにアプローチするために設計・開発されました。

バーを口にくわえて振る共振運動「PAO運動」で、普段使ない表情筋を鍛えてたるみを解消し、ほうれい線を改善していきます。

実際、PAOによる表情筋運動「PAO運動」は、早稲田大学での実験により証明されました。

シワを作らず、ほうれい線の改善に効果的な大頬骨筋を鍛えることができると結論づけられたのです。

使い方は、PAOは1回 30秒のトレーニングで、1日に2回行って口元の筋肉を鍛えます。

個人差がありますが、長くても1週間程度で正しく使えるようになります。

筋肉のレベルに合わせて負荷を調整できるPAOのバランスウエイトは3種類あり、5gずつ重くなり負荷がかかります。

PAOに慣れてきて、首の振りとバーがうまく共振できるようになったら、自分の筋肉レベルに合わせてウエイトを調整し、表情筋運動を行うようにしましょう。

4~8週間継続して使用することでたるみが解消されて、ほうれい線が改善されていきます。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!